ブログ > 「霧島黒豚牧場だより」«前のペーに戻る

宮崎大学生の研究「霧島黒豚の育種改良と系統保持」

投稿日:2015/08/26

子豚測定②

ポーくんの背中ロース部分に、超音波ピピピ!

皆さんが、ロースとんかつを食べられる時、やはり断面が大きい方が良いですよね。でも、黒豚(バークシャー種)のお肉は、残念ながら、ロース断面が一回り小さく、脂がつき易いのです。そこを、「何とか少しでも大きい断面になる霧島黒豚を!」と、農場のみんなと宮崎大学生と共同研究を、数年来続けています。超音波診断装置を、黒豚のロースの部分にあてて、ロース断面を確認。比較的大きいロースを持つポーくんを個体管理し、系統的保持を進めています。一昔前に比べたら、格段に進歩してるんですよ!みんなご苦労様!

このポーくんのロースの断面はおおきいかな?脂肪は付き過ぎてないかな?

診断装置画面①